料理レシピ

ハッセルバックポテトの作り方!簡単なアレンジレシピも♪

投稿日:

ヨーロッパは、日本のお米のようにほぼ毎日ポテトを食べる国が多いようですが、そのヨーロッパで流行っているじゃがいもの食べ方。

「ハッセルバックポテト(Hasselback Potatoes)」

と言います。日本では、

「アコーディオンポテト」

とも言うようですね。

この料理は、下準備などとっても簡単だし、オーブンレンジに入れておけば、その間他の料理も出来るし、見た目もおしゃれなので、ちょっとしたおもてなしの時にも良いですね。^^

シンプルなハッセルバックポテト(アコーディオンポテト)の作り方から、簡単なアレンジレシピも紹介します♪

 

ハッセルバックポテト(アコーディオンポテト)の作り方

まずは、シンプルな作り方から

【材料】(4人分)

じゃがいも:4個

オリーブオイル

バター

塩・コショウ

 

【作り方】

1.じゃがいもをよく洗います。皮付きの料理なので、皮はごしごし丁寧に洗ってください。

2.じゃがいもを3~5ミリの厚さに切ります。

↓こういう風に。厚さはお好みで♪
ハッセルバックポテトの切り方

■切り方のコツ
割り箸をじゃがいもに挟んで置いてから切ると、じゃがいもを切り落とさないので、便利です♪

3.オリーブオイルとバターを塗ります。
オリーブオイルはじゃがいもの切り目など万遍なく塗りこみ、バターはオーブンに入れる前にお好みでじゃがいもの上にのせてから焼きます。

4.最後に塩・コショウをして、220度のオーブンで30~40分焼きます。
※200度の場合は、1時間くらい。

5.焼き上がりのポテトの上にバターを塗り、パセリを振りかけて完成!

 

【メモ】

・丸みがあり安定しないようなジャガイモの場合、ジャガイモを切る時に、下になる部分を少し切れば、安定します。

・じゃがいもを薄く切り、オリーブオイルを沢山塗れば、クリスピーになります。

・また、じゃがいもを切った後に、水ででんぷんを洗い流すレシピもあるようですが、別にどちらでもいいようです。

 

簡単!アレンジレシピ

■ベーコン・チーズ・ガーリック

こちらの動画が美味しそうでした。

ベーコンやチーズ、ガーリックを上手に使っていて、とても美味しそうですね♪

カロリーが高そうですが。。^^;

美味しいのは間違いないでしょうから、しょうがないか・・。

 

■ハーブ入りバターを作って塗る

ハーブ

無塩バター:1/2カップ

つぶしたニンニク:4~5片

フレッシュローズマリー:1房(枝?)

材料を小鍋の中に入れ、弱火でバターを溶かします。
※バターは焦がさないようにゆっくり溶かします。

バターは塗らずに上の作り方と同じように作ったジャガイモを20分くらい焼き、オーブンから一度取り出し、ハーブ入りバターをハケで全体に塗ります。

10~15分おきにオーブンから取り出し、ジャガイモが完全に出来上がるまでハケでハーブ入りバターを塗ります。

完成10分前くらいに、最後のバターを塗り、ジャガイモの切り目をきれいに空けて、塩・胡椒し、バターにつかっていたローズマリーをジャガイモの上にのせ焼きます。
あと、ベイクドポテトの要領でサワークリームつけて食べても美味しそう♪

食べ方として、切り目に沿って切って食べる人が多いようですが、私はベイクドポテトのようにぐちゃぐちゃにしちゃうんですよね。。

ヨーロッパの人はどのように食べるのかな?

ぐちゃぐちゃにはしなさそう。。

 

まとめ

ハッセルバックポテトは、シンプルな料理なのに、とっても美味しい♪

トースターとかレンジでも作れるのかな?

トースターなら作れそうですが、レンジやフライパンは無理な気がしますね。

多分、レンジやフライパンで調理するより、グリルなどのオーブンで焼く方が香ばしくなりそうですし、カリっとほっくりで美味しいでしょうね。^^

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-料理レシピ
-, ,

Copyright© 美味しいキッチン! , 2018 AllRights Reserved.