料理レシピ

簡単!ビシソワーズ(冷たいじゃがいもポタージュスープ)の作り方

投稿日:2017年9月5日 更新日:

もう9月、まだまだ暑い毎日が続きますが、そんな暑い日には冷たいスープが爽やかで美味しいですよね。^^

今日は、簡単に出来るのに、味は本格的な

ビシソワーズの作り方とレシピを紹介します。

ビシソワーズって、「冷たいじゃがいものスープ」なのですが、フランスの家庭的なスープのようですね。

ポタージュスープのように、トロリとしたスープです。

とろみはジャガイモで出し、うまみも玉ねぎで出すので、自然の大地の味を感じるスープですよ♪

スポンサードリンク

ビシソワーズ(冷たいじゃがいもポタージュスープ)の作り方

材料(4人分)

じゃがいも:300g

※男爵でも、メークインでも、何でもOK♪

玉ねぎ:100g

オリーブオイル:大さじ2

水:2カップ

牛乳:1カップ

塩:小さじ1/2

じゃがいも

作り方

1.玉ねぎを薄切りにして、中火でオリーブオイルで炒めます。

玉ねぎが焦げないように、注意して炒める。玉ねぎが透き通ればOK!

 

2.ジャガイモは皮をむいて、水で洗い水気を切りますが、この時、じゃがいものデンプンがスープのとろみを作るので、洗いすぎないようにしてください。

 

3.じゃがいもを①に加えて、水も加えて、沸騰するまで煮ます。

 

4.沸騰したら火を弱めて、蓋をし、弱火で煮ます。

アクが気になるなら取っても良いが、それほどアクは出ないので、そのままでも大丈夫です。

 

5.じゃがいもが完全に煮えたら、火からおろし、冷まします。

冷めたら汁ごとミキサーにかけ、塩で味を調えてください。

この状態で、冷蔵庫で数日保存できます。

 

6.このままでもキメは細かいですが、さらにキメの細かい仕上がりを求めるのなら、網でこしてください。

 

7.食べる前に、冷たい牛乳でスープをのばします。

牛乳は少しずつ加えながらスープになじませていってください。

 

8.最後に塩加減を調節してください。

 

◎メモ

玉ねぎのうまみで作るので、コンソメのようなスープの素は使わないのですが、好みで加えても構いません。

少しコクを出したかったら、牛乳の代わりに生クリームを入れてもいいし、少し加えるだけでも変わると思います。^^

 

ポイント

後でミキサーにかけるとしても、なめらかな口当たりにするために野菜はしっかり煮ます。

また、ミキサーには少し長いかな?と思うくらいかけた方がいいです♪

 

ポイント

水は、ミネラルウォーターで、油はオリーブオイルで♪

 

かぼちゃの冷たいスープ

冷たいかぼちゃスープ

かぼちゃでも全く同じ作り方で、かぼちゃの冷たいスープができます。

その時には、かぼちゃが450gで、他の材料は全く同じです。

かぼちゃの冷たいスープも優しい甘い味が舌を癒してくれます。^^

 

まとめ

冷たいスープってあまり飲まないですが、暑くて食欲のない日なんかには良いですよ。^^

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-料理レシピ
-, , ,

Copyright© 美味しいキッチン! , 2018 AllRights Reserved.